FC2ブログ
 

あとほットダイヤリー

年の瀬

2013京都南座(師走)
(iphoneで撮影)
京都の師走と言えば、京都四条南座の「吉例顔見世興行
毎年11月25日前後の吉日に、
出演する役者の名前を書いた「まねき」看板が南座の正面に上がります。
「まねき」は厚さ1寸(約3cm)、長さ1間(約1.8m)、幅1尺(約30.3cm)のヒノキの板に
勘亭流の文字で役者の名前が書かれています。
勘亭流は江戸時代から興行などで使われる独特の書体で、
「大入りになるように」と縁起を担ぎ、
筆太に隙間なく内側に向かってはねるように書いていきます。
この勘亭流で書かれた「まねき」を見ると「今年も年の瀬だな」って思います。
今日で私も仕事納めです。

PageTop