あとほットダイヤリー

布に包

信三郎帆布
日曜日(21日)、東大谷へ義母のお墓参りに行ってきました。
その帰りに、近くにある「一澤信三郎帆布」に立ち寄りました。
店の前はよく車で通るのですが、中に入るのは初めてです。
味のある暖簾の文字は、永六輔氏が書いたものです。
この漢字は実際にはありません
普通、カバンの漢字は「革」に「包」と書いて「鞄」です。
「一澤信三郎帆布」は、帆布のカバンのお店なので、「布」に「包」にしたそうです
お店の中に入ると、いろんな形の、いろんな色の、いろんな柄のカバンがありました。
あれこれ見て、気に入ったショルダーバックがあったので一つ購入しました。
これで、お出かけがまた楽しくなりそうです。

PageTop